header

2019-05-05
カテゴリトップ > その他
ADAM Audio SX-Series S 4X-H 《スピーカー/ミッドフィールド・モニタ》【1本】【お取り寄せ商品】【送料無料】
ADAMとは
ADAM は“Advanced Dynamic Audio Monitors” の頭文字から引用されています。アダムはモニタースピーカーを専門にプロデュースすることを目標に発足し、今ではプロオーディオ界を席巻する勢いで拡大し続けています。独自のX-ART ツィーターは、次世代オーディオに対応可能な広帯域かつ位相特性に優れ、可聴帯域を越える50KHz までをフラットな位相特性でカバーします。
S4X-Hとは
S4Xには、横置きと縦置きの2種類のモデルが用意されています。両方のモデルともADAM独自のトランスデューサー、新しくデザインされたアンプ、そして非常に高性能なコントロールパネルが搭載されています。S4Xは中型のコントロールルームでの使用を想定して開発されました。しかし、その強力なパワーによってさらに大型の施設でも使用することができます。S4Xの両モデルは、350Hz以上を担うツイーターとミッドレンジの組み合わせが同一ですので、マルチチャンネルシステム構築の際にも容易に組み合わせることができます。 ADAMの全てのスピーカーに搭載されているX-ARTツイーターは、ツイーター技術の歴史に新たな基準を打ち立てました。X-ARTとベストマッチするようADAMによって新開発されたAB級アンプとの組み合わせは、卓越した解像度と完璧な透明感を実現します。 中域と低域は、改良されたHexaConeTMによるミッドレンジとウーファーによって再生されます。より大型のボイスコイルと更に強力なマグネットの採用によって、大音量の再生でもディテールや音楽性を損なうことなくリニアな特性を保つことが可能です。 S4X-Hミッドフィールドモニターは新開発されたAB級アンプによって駆動されるX-ARTツイーターを搭載しています。中低域には5インチHexaConeTMミッドレンジと2基の9インチHexaConeTMウーファーが搭載され、各ウーファーとミッドレンジ・ドライバーは250WのICEモジュールによって駆動されます。
The front panel
ADAMは、高性能な操作性を持つ革新的なコントロールパネルを開発しました。この新開発のコントロールパネルは、ユーザーがスピーカーを部屋のアコースティックに高い精度で最適化できるよう、高度な音質調整を施すことが可能になっています。このコントロールパネルはS2X、S3X-V、S3X-H、S4X-V、S4X-Hで使用されています。 パネルには6つの調整用ツマミが配備されています。 入力感度の調整2つのツマミが用意されています。一つ目のツマミでは-20dBから+8dBまでの大まかな調整が可能になっており、二つ目のツマミでは-1.5dBから+2dBの範囲を0.5dBのステップで微調整することが可能です。 低域の調整 2つのツマミが用意されています。一つ目のツマミはポップミュージック等のベースレスポンスに望まれることの多い80HzをブーストできるEQ、二つ目は150Hz以下の帯域を調整できるシェルビングフィルターになっています。 高域の調整 2つのツマミが用意されています。一つ目のツマミではツイーターの音量を調整することができ(-2dBから+2dB)、二つ目のツマミは6kHz以上の帯域を調整できるシェルビングフィルターになっています。 低域用と高域用のシェルビングフィルターは、それぞれの帯域を±4dBの間で調整できるようになっています。
S- and SX-Series
その登場からわずか数年でスタジオにおける定番のプロフェッショナルツールの仲間入りを果たしたADAM Audio Sシリーズは、世界中のスタジオでレフェレンスモニターとして使用されています。Sシリーズは、最も洗練された高品質の部品、素材を用いて開発された、ADAMによる革新的な技術の結晶です。 新しく登場したSXシリーズはこのSシリーズを基にして開発されていますが、SXシリーズへのアップグレードは単なる改良ではありません。あらゆる細かなディテールを見逃すことなく、音質面にも入念なチェックを行った抜本的な変革となっています。トランスデューサー、ドライバー、そして電子部品は全て新しくデザインされています。結果として、ただの進歩に終わらない、プロフェッショナルモニタリングにおける大きな飛躍を果たすことに成功しています。
X-ART & newly developed broadband amplifier
SXシリーズのモデルは全て新しいX-ARTツイーターを搭載しています。X-ARTの仕組みは、ADAMの核を成す技術の一つであるARTと根本的には同じです。ただし、X-ARTはARTに比べ、能率で4dB増、SPLで3dB増、そして周波数特性を50kHzまで伸ばすことに成功しています。 新しくデザインされた広帯域AB級パワーアンプは、X-ARTの性能に完璧に合致するようADAMによって開発されました。これにより、全帯域でいまだかつて聴いたことのない音質が達成されています。
New HexaConeTM-woofer
新しくなったHexaConeTMウーファーは、従来よりも長く太くなったボイスコイルの採用によって、より高い最大SPLにおいてもリニアな特性を維持することが可能になりました。さらに、最適な能率と精度を得るため、より強力な磁気回路が採用されています。
Models
SXシリーズでは、コンパクトなニアフィールドモニターから大型のラージモニターまで、9種類のモデル(S1X、 S2X、S3X-H、S3X-V、S4X-H、S4X-V、S5X-H、S5X-V、S6X)をラインナップしています。様々なコントロールルームでのポジショニングやセットアップに対応できるように、SXシリーズではS3X、S4X及びS5Xにおいては縦置き型(-V)と横置き型(-H)の両モデルを用意しています。
S4X-H テクニカルデーター
ウーファー:2
口径:228mm (9 inches)
ボイスコイル直径:50mm (2 inches)
素材:ヘキサコーンTM
コーンミッドレンジ:1
口径:157mm (6 inches)
ボイスコイル直径:37mm (1.5 inches)
素材:ヘキサコーンTM
X-ARTツイーター:1
振動板面積:24.2cm2(3.5 inch2)
圧縮伸長比:4:1
振動板重量:0.17g
内蔵アンプ:4
ウーファー:2 x 250W/350W peak
ミッドレンジ:250W/350W peak
ツイーター:50W/100W peak
コントロールパネル
入力感度調整幅:-20bis +8dB (4dB step)
入力感度微調整幅:-1.5bis +2dB (0.5dB step)
EQ 80Hz:-0bis +6dB (1dB step)
ルームEQ < 160Hz:±4dB (1dB step)
ルームEQ > 6kHz:±4dB (1dB step)
ツイーターレベル調整幅:±2dB (0.5dB step)
一般的データ
周波数特性(±3dB):28Hz 〜 50kHz
THD > 80Hz:≦0.6%
短時間サイン波音響出力(1m/100Hz 〜 3kHz):≧118dB
最大ミュージック出力:≧128dB
クロスオーバー周波数:280Hz / 2,800Hz
アナログ入力:balanced XLR
デジタル入力(オプション):AES/EBU (XLR) + SPIDF (cinch)
入力インピーダンス:10kΩ
重量:32.2kg
キャビネットの防磁仕様:オプション
寸法:360mm(高) x700mm(幅)x450mm(奥行)
保証期間:一年間

【ミッドフィールド・モニタ】《アダムオーディオ》
価格
462,500円 (税込 499,500 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
お取り寄せ品。納期は別途ご連絡いたします
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

5月25日(木)の予定

・フッ化物洗口
・1年校外学習(富山市ファミリーパーク)
・陸上放課後練習(5・6年)※リレー練習

【お知らせ】
・「学習参観・PTA教育講演会・児童引き渡し訓練について」のお便りを配布しました。引き渡し訓練の返事を5月30日(火)までに担任へ提出してください。
・運動会では多くの保護者の皆様に参観いただき、ありがとうございました。事前に配布したアンケート用紙に感想等を記入していただき、担任まで提出ください。
・PTA役員の皆様には、運動会の前日準備、当日の早朝からの準備・後片付けをしていただき、感謝申し上げます。ありがとうございました。

【始業式の牧野校長先生のお話より】
・「目当てをもって、チャレンジすること」「仲間を大切にすること」「自分の命を自分で守ること」、この3つのことを心に留めて、自分の力を伸ばすことができるようにがんばりましょう!

砺波東部小学校

〒939-1305
富山県砺波市千保250
TEL: 0763-32-2271
FAX: 0763-32-2279
Mail
tonami-toubu2271@tym.ed.jp

アクセスカウンタ

  • 25 今日:
  • 135938 合計: